(ISC)2が大規模向けコミュニティウェア『友窓』を採用 - 株式会社クルウィット
spacer
spacer(ISC)2が大規模向けコミュニティウェア『友窓』を採用 - 株式会社クルウィット
spacer
お知らせ
株式会社クルウィット
サイトマップ  
サイトポリシー  
プライバシーポリシー  
沿革
沿革
spacer
アクセス
アクセス
spacer
取引先実績
取引先実績
spacer
メッセージ
メッセージ
spacer
お知らせ
お知らせ
(ISC)2が大規模向けコミュニティウェア『友窓』を採用

報道関係者各位
プレスリリース
2008年4月15日
株式会社クルウィット

インターネットコミュニケーションサービス企業の株式会社クルウィット (本社:東京都三鷹市、代表取締役:国峯泰裕) は、(ISC)2が運営する「(ISC)2メンバーズコミュニティ」に弊社の大規模向けコミュニティウェア『友窓』 (https://www.tomomado.jp/) が採用されましたので、お知らせ致します。

(ISC)2 (アイエスシー・スクエア) は、米国フロリダ州に本部を置き、CISSPをはじめとする各種情報セキュリティ専門家の認証をグローバルに展開する非営利団体です。2008年3月現在、CISSP認定資格の保持者数は、世界133カ国で5万6千人以上にのぼります。

同団体では、日本国内に在住する情報セキュリティ専門家認定資格者同士が情報セキュリティに関する情報や知識を交換・共有・蓄積する事が可能なコミュニティの提供を考えていましたが、同団体特有の「会員情報の管理」「コミュニティの階層化管理」「大規模コミュニティでの効率的な運営管理」といった部分で全てが実現可能なグループウェアやコミュニティウェアが見当たらなく、同認定資格者に対してコミュニティの提供が実現できないといった悩みを抱えていましたが、その悩みを解決するために同団体では『友窓』を採用し、2008年8月の開始を目処に「(ISC)2メンバーズコミュニティ」の運営を行う事が決まりました。

なお、同コミュニティの事務局は、(ISC)2 Japan (https://www.isc2.org/japan/) 内に設置されます。

近年、グループウェアやコミュニティウェアを利用したコミュニティ運営が行われていますが、コミュニティの運営者や事務局が管理している独自の会員情報を取り扱えないため、会員管理の効率化が図れないといった問題があり、大規模なコミュニティほど管理面での負担が大きくなっています。

『友窓』は、大規模向けコミュニティウェアとして独自の会員情報を取り扱う事ができ、コミュニティの運営に必要不可欠なホームページやメーリングリストといった機能を兼ね備え、階層型及び並列型のコミュニティを自由に形成する事で、同窓会・企業・ファンクラブ・ロータリークラブ・スポーツチーム・サポーターチーム・サークル等にて効率的な運営管理の実現を可能にします。

■会社概要
会社名
株式会社クルウィット (http://www.clwit.co.jp/)
本社
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-34-8 三鷹ハイデンス509号
設立
2000年10月6日
資本金
10,000,000円
代表者
代表取締役 国峯 泰裕
事業内容
インターネットサービス事業
情報セキュリティ事業

■お問い合わせ
こちらからお問い合わせください
spacer
(ISC)2が大規模向けコミュニティウェア『友窓』を採用 - 株式会社クルウィット
spacer
  © clwit, Inc.
spacer
spacer
「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを  
spacer
(ISC)2が大規模向けコミュニティウェア『友窓』を採用 - 株式会社クルウィット