コンピュータ版新型インフルエンザ『GENOウイルス』による二次感染をブロック!SCPに対応したマネージドホスティングサービスをリリース - 株式会社クルウィット
spacer
spacerコンピュータ版新型インフルエンザ『GENOウイルス』による二次感染をブロック!SCPに対応したマネージドホスティングサービスをリリース - 株式会社クルウィット
spacer
お知らせ
株式会社クルウィット
サイトマップ  
サイトポリシー  
プライバシーポリシー  
沿革
沿革
spacer
アクセス
アクセス
spacer
取引先実績
取引先実績
spacer
メッセージ
メッセージ
spacer
お知らせ
お知らせ
コンピュータ版新型インフルエンザ『GENOウイルス』による二次感染をブロック!SCPに対応したマネージドホスティングサービスをリリース

報道関係者各位
プレスリリース
2009年5月25日
株式会社クルウィット

インターネットコミュニケーションサービス企業の株式会社クルウィット (本社:東京都三鷹市、代表取締役:国峯泰裕, CISSP) は、サイト管理者のFTPアカウントを盗んで改竄したウェブサイトを公開する『GENOウイルス』の二次感染を防ぐ、マネージドホスティングサービスをリリースしましたので、お知らせ致します。

■被害者の自分が加害者になる可能性も!■
GENOウイルスに感染すると「パソコンの動作が不安定になる」「個人情報が盗まれる」「ボット化」といった被害を受ける可能性があります。

また「FTPアカウントの情報も盗む」ため、ウェブサイトの管理者がGENOウイルスに感染した場合、管理者のウェブサイトへ不正プログラムを埋め込む事も確認されています。

ウェブサイトにアクセスした訪問者がGENOウイルス対策を行っていない場合、当該ウェブサイトへアクセスした事で二次感染を引き起こす事になるため、ウェブサイトの管理者は特に注意が必要となります。

■安全なウェブサイトの運営■
弊社のマネージドホスティングサービスは、SCP(※)等の安全なアップロードのみを提供しているため、仮にGENOウイルスに感染してもウェブサイトの改竄による二次感染被害を大きくしない一つの対策としても有効です。

また、サーバ管理業務(root権限は弊社が管理)及び障害対応等の専門的な業務を弊社が行いますので、お客様はウェブサイトの運営だけに集中できるようになります。

マネージドホスティングサービス (http://www.clwit.co.jp/business/managed.html)

※SCP (Secure Copy):ユーザ名/パスワード/データを全て暗号化して通信するファイルコピーコマンド。

■会社概要
会社名
株式会社クルウィット (http://www.clwit.co.jp/)
本社
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-34-8 三鷹ハイデンス509号
設立
2000年10月6日
資本金
10,000,000円
代表者
代表取締役 国峯 泰裕, CISSP
事業内容
インターネットサービス事業
情報セキュリティ事業

■お問い合わせ
こちらからお問い合わせください
spacer
コンピュータ版新型インフルエンザ『GENOウイルス』が蔓延の兆し!FTPを使ってアップロードしているウェブ管理者はご注意を - 株式会社クルウィット
spacer
  © clwit, Inc.
spacer
spacer
「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを  
spacer
コンピュータ版新型インフルエンザ『GENOウイルス』が蔓延の兆し!FTPを使ってアップロードしているウェブ管理者はご注意を - 株式会社クルウィット